三叉神経痛治療のつぼ:列闕本文へスキップ

三叉神経痛治療のつぼ:列闕

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

三叉神経痛治療のつぼ:列闕

三叉神経痛治療に使用するツボ:列闕をご紹介いたします。

 列闕

列闕経穴名 列闕

経絡  手の太陰肺経
     
取穴部位
 大腕の後側の上1寸の其の筋骨中に在り、その陥処を列闕と言います。
 高骨を下って欠する処にあり、位は経に列します。奇経、絡脈を生じて肺に細絡を引き、肺の陰は陽を生じ、欠する処に至って手の陽明大腸経と交わり、脈絡は斜めに還って陽鶏に至ります。これを反関の脈と名づけます。だから、高骨を下って欠します。肺の絡穴です。だから列闕と名付けました。

主治  
 咳
 咽喉腫痛
 偏性頭痛
 顔面神経痛
 頸項痛
 掌中熱
 口噤不開
 

trigeminal nerve pain三叉神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も三叉神経痛治療を行っております。

line

鍼灸院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。