肩こり本文へスキップ

肩こり

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

三叉神経痛による肩こり

 三叉神経痛は非常に強い痛みが特徴的な疾患です。この痛みは継続してずっとあるわけではなく、何らかの動作を行う時や、冷たいものが触れた時などに発作的に起こりやすい傾向があります。そして、この痛みに耐えるために首や肩の筋肉は非常に強い力が入ることがあります。その結果、肩こりが引き起こされてしまいます。
 さらに、痛みによるストレスから肩に力が入ってしまい肩こりが起こってしまう事があります。これによって三叉神経痛による痛みはさらに強まってしまう傾向があります。

 三叉神経痛による肩こりの特徴

三叉神経痛による肩こり 三叉神経痛によって起こる肩こりの場合には、胸鎖乳突筋と呼ばれる首の前の筋肉が影響する事がほとんどです。胸鎖乳突筋によって首が前に引っ張られるため、この筋肉に抵抗するように首の後にある僧帽筋に力が入ります。その結果が肩こりです。このようなメカニズムによって起こっているため、三叉神経痛によって起こる肩こりの場合には、首に近い位置で肩こりが起こり、さらに首こりも伴っている事が多いようです。

 その他

 三叉神経痛によって肩こりが起こった場合に、肩こりが三叉神経痛をさらに悪化させてしまう可能性があります。その理由は、胸鎖乳突筋や僧帽筋が硬くなると首の位置にゆがみをつくってしまいます。その結果、その上にある顎関節に負担がかかってしまい顎関節症が発症する可能性があります。
 顎関節症によって下顎骨にゆがみが起こると、三叉神経第3枝の下顎神経が牽引されてしまう可能性があります。その結果、三叉神経痛の悪化が引き起こされることになります。

もし東洋医学的な治療を受けられていない場合には、一度考えてみてはいかがでしょうか?


trigeminal nerve pain三叉神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も三叉神経痛治療を行っております。

line

鍼灸院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。