咀嚼筋本文へスキップ

咀嚼筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

咀嚼筋

 咀嚼筋は顔にある筋肉です。顔の中でも、深部にある筋肉のため、深頭筋とも言われています。咀嚼筋は、(咬筋・側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋)の4つの筋肉を合わせて呼びます。食べ物を噛むときや口を閉じるような動き、食いしばりなどの下顎の運動の際に使われています。下顎の後方移動は側頭筋の後部により、前方移動は両側の外側翼突筋の同時的な作用によって行われています。そのため顎関節症などの際に影響してくる筋肉の代表でもあります。顎関節症が発症した際には、筋肉性の場合には咀嚼筋の状態をみていくことがあります。もしこの筋肉などに硬さなどがでてくると、代償として口の開閉運動の際に首や肩周辺の筋肉に負荷がかかります。結果、肩こりなどの症状を呈してくることがあります。
また、支配神経はすべて三叉神経となります。そのためこの部分の筋肉が硬くなると三叉神経に対しても影響を及ぼすことが考えられます



●咬筋咬筋 長四角形の大きな筋肉で、外層・内層の2層構造になっています。外層を浅部といい、前上方から後下方に向かい走っています。内層は深部といい、垂直に走り大部分を覆っています。
【起始】浅部:頬骨弓の前部および中部から起こり、斜め後下方に向かって
       走ります。
    深部:頬骨弓の中部および後部、さらにその内面から起こり、ほと
       んど垂直に下がります。
【停止】下顎枝および下顎角の外面で、浅部は咬筋粗面の下部、深部はその
    上部に停止します。
【作用】下顎を拳上、すなわち噛むときに作用します。
【支配神経】咬筋神経(三叉神経第3枝、下顎神経)



●側頭筋側頭筋 側頭部(耳の上)にあるやや扁平の大きな筋肉です。前方の線維は垂直に下がりますが、後方の線維は前下方に向かい斜めに走っています。だいたい大きさは手の平1個分あるとも言われています。
【起始】側頭部の側頭面全部および側頭筋膜の内面から起こり、下前方
    に向かい集まります。
【停止】下顎骨の筋突起、下顎枝
【作用】下顎を拳上し、後方に引きます。
【支配神経】深側頭神経(三叉神経第3枝、下顎神経)



●外側翼突筋
 下顎の内側にほぼ水平に位置し、上下2頭をもって起こります。
【起始】上頭:蝶形骨の側頭下稜、蝶形骨大翼の側頭下面
    下頭:外側板の外面、上顎結節から起こり、後方に向かいます。
【停止】下顎骨の関節突起、関節包、関節円板
【作用】下顎頭を前方に引く働きをします。一側だけ働くと下顎骨の前部は反対側に動き、両側が動くと下
    顎骨全体が前方に動き、口を開くときに作用します。
【支配神経】外側翼突筋神経(三叉神経第3枝、下顎神経)



●内側翼突筋
 深部にある筋肉で、前上方から後下方に向かって走っています。
【起始】蝶形骨の翼状突起後面の翼突窩から起こり、後下方に向かって走ります。
【停止】下顎骨内面の翼突筋粗面に停止します。
【作用】下顎骨を拳上し、かつ反対に引きます。
【支配神経】内側翼突筋神経(三叉神経第3枝、下顎神経)







trigeminal nerve pain三叉神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も三叉神経痛治療を行っております。

line

鍼灸院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。