三叉神経痛治療の流れ本文へスキップ

三叉神経痛治療の流れ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

三叉神経痛治療の流れflow

当院では、三叉神経痛の程度や頻度などの症状から、1人1人の状況に合わせて治療を行っています。

 三叉神経痛の治療

 三叉神経痛は非常に強い痛みが伴う神経痛です。その為、当院では三叉神経痛の痛みを軽減させることを第一に行います。そのため、三叉神経痛の治療は鍼灸治療を第一選択として行うことが多いです。鍼灸治療の特性として、痛みを軽減させる能力が高いことがあげられます。この特性を生かし、三叉神経痛の痛みを和らげます。その後、症状が軽減した後に三叉神経痛が起こらないように根本的な身体全体のバランスを改善します。

【三叉神経痛の鍼灸治療の流れ】
三叉神経痛の鍼灸治療ってどんな事をするんだろ?
どんな手順でするんだろ?って不安ですよね。
初めて三叉神経痛の鍼灸治療をお受けになる前に、安心して鍼灸治療が受けられるように基本的な流れを記載します。

三叉神経痛治療受付(1)問診票記入
入られましたら、受付にて問診票をお渡しいたしますので、まず問診表にご記入ください。
問診票には、できるだけ具体的にご記入ください。具体的にご記入いただいている方が、症状についての正確に把握できるため、症状の改善までの時間を短縮する事ができます。
当院にご来院される前に、必ず病院で検査を受けるようにしてください。また、検査によって脳腫瘍が見つかった場合は当院での治療の適応範囲外になります。その場合には、病院での治療を受けるようにしてください。

三叉神経痛に関するカウンセリング(2)カウンセリング
問診票をもとに、今現在の三叉神経痛の症状についてお尋ねします。
 『三叉神経痛の症状の中で、何が一番つらいですか?』
 『どんな時に、三叉神経痛の痛みが増しますか?』
 『痛みが出ている範囲はどのあたりですか?』
 『三叉神経痛の原因は分かりますか?』
 『どのような痛みがありますか?』
 『服用中の薬は何ですか?』
 などをご質問させていただきます。
 治療院が初めての方、質問・不安のある方は気軽にご相談下さい。

(3)骨格・筋肉の状態チェック
 三叉神経痛を引き起こす可能性のある関節、例えば顎関節や頚椎(首部分にある背骨)の動きや姿勢の状態、顔面部、側頭部、首の筋肉のバランスをチェックしていきます。

(4)三叉神経周囲の筋肉の状態をチェック 
 三叉神経周囲の筋肉の状態をチェックしていきます。三叉神経が表面に出てくる部分や走行部分の筋肉が硬くなることによって三叉神経が圧迫されてしまう可能性があります。

治療に関する説明(5)診察と治療方針の決定
カウンセリングと東洋医学的診断によって得られた情報をから、今現在の三叉神経痛を引き起こしている可能性がある場所について説明いたします。その後に、考えられる原因に対して最も適切と考えられる治療法を決定いたします。
この時治療法について分からない事があればご質問ください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。


鍼灸治療(6)東洋医学的鍼灸治療
 これまでのカウンセリングや東洋医学的診断をもとに治療計画を立て鍼灸治療を行います。
 鍼灸治療というと、”痛い”イメージがあると思います。
当院で使用する鍼は、0.2o前後の髪の毛ぐらいの太さの鍼を使用します。その為、鍼灸治療に痛みはほとんどありません。
また、使用する鍼は全て日本製の使い捨ての鍼を使用します。ご安心下さい。





(7)治療後の説明
 三叉神経痛の鍼灸治療後に、治療効果の測定のため痛みの状態をもう一度お伺いします。症状の軽減には平均で3〜5回の治療必要となります。その為、1回目の治療によって痛みが軽減していない場合もあります。
 その後、日常生活の注意点や生活習慣やエクササイズについて説明いたします。

※東洋医学的鍼灸治療で行う治療の為、病院での治療と並行して行う事ができます。

このページの先頭へ

trigeminal nerve pain三叉神経痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も三叉神経痛治療を行っております。

line

鍼灸院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。