眼精疲労本文へスキップ

眼精疲労 三叉神経痛 大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

眼精疲労

眼精疲労 眼精疲労は、現代病の1つともいわれるほど近年増えてきている病気で、日常的にパソコンを使う事が問題となることが多くあります。特に、現代の仕事ではパソコンを使うことが多いため『眼精疲労は仕方がない』と考える方も増えてきているほどです。  眼精疲労は目の疲労感やドライアイだけではなく全身の倦怠感や頭痛、頭の凝り、自律神経失調症を引き起こす原因の1つになっています。眼精疲労は適切な対処をしなければ、仕事や環境が変わる等の生活の変化がない限り自然に回復することが少ないと言われています。

 眼精疲労の原因

眼精疲労が引き起こされる原因は
 1.目の使い過ぎによる眼精疲労
 2.体調不良による眼精疲労
 3.不良姿勢による眼精疲労
 3.自律神経系の問題
 4.ストレスによる一過性の問題
上記4つが代表的です。

 目の使い過ぎによる眼精疲労

 仕事でパソコンを使用することが多い現在の仕事環境や、スマートフォンの使用など日常環境を考えると、目の使い過ぎによる眼精疲労が最も多いと考えられます。

 パソコンやテレビ画面は早いスピードの点が高速で移動して画像を作っているために自然光よりも目に負担がかかり易いといわれ、パソコンを1日に5時間以上使用すると眼精疲労が起こる可能性が高いと考えられています。デスクワークをされるほとんどの方が5時間以上パソコンを使用することが多いのが現実であり、眼精疲労は誰にでも起こりえる症状といえます。特に、細かい作業を行う方はまばたきの回数が減少する傾向があり注意が必要です。

 パソコンのモニターやスマートフォンの画面の明るさや使用する環境も眼精疲労の原因となります。モニターがまぶしく感じるぐらいに明るい場合や、画面に光が反射してまぶしく感じる場合、また、モニターの明るさは普通であっても外部環境が暗い場合に眼精疲労の原因になります。

 体調不良による眼精疲労

 何らかの体調不良を感じている場合には、全身の血圧・血流は通常の状況とは異なります。その為、全身レベルで考えても疲労がたまりやすくなります。これは眼も同様で、焦点を合わせる機能は眼の中の筋肉によって行われます。

 不良姿勢による眼精疲労

 不良姿勢が続くと首や肩の筋肉に負担がかかり、頭部への血液循環が悪くなってしまいます。焦点を合わせるための毛様体筋への血流が悪くなると、焦点距離を合わせることが困難になります。その結果、目を細めて注視を行うようになり無駄な力がかかった状態になります。それが眼精疲労の原因になります。

 自律神経系の問題による眼精疲労

自律神経の機能によって、明るい時には瞳孔が縮小し、暗い時には同行が拡大するように瞳孔の大きさが調整されます。自律神経機能が乱れることによって瞳孔の大きさの調整がうまくいかなくなります。その結果、物が見えづらくなってしまい目を細めるような力がかかり眼精疲労の原因となります。

 ストレスによる一過性の眼精疲労

ストレスによる眼精疲労は自律神経系の機能異常によって引き起こされる眼精疲労と同様の機序で発生します。

 眼精疲労と三叉神経痛の違い

 三叉神経痛と異なり、眼精疲労は上記のような明確な原因が認められます。

 眼精疲労の症状

 眼精疲労は、目に現れる症状、視覚に関連する症状、目以外に現れる症状、自律神経症状、精神症状が現れることがあります。それぞれの代表的な症状をご紹介致します。
※眼精疲労によってこれらの症状がすべて現れるという事ではありません。

 眼精疲労による目の症状

〇目が重たい・・・眼精疲労に見られる最も代表的な症状です。
〇目が痛む・・・・眼球内の圧力の一過性の上昇や血流障害による阻血性疼痛などで認められます。
〇目の充血・・・・眼精疲労による炎症の徴候
〇目の熱感・・・・眼精疲労による炎症の徴候
その他、目がショボショボする・瞼が重たい・異物感(ゴロゴロする)などがあります。 
眼精疲労で現れる痛みは、三叉神経痛で認められるえぐられるような激しい数秒間の痛みではなく、持続的な痛みであることが多いです。

 視覚に関連する症状

〇焦点が合わない・・・毛様体の疲労により焦点が合わなくなることによって起こる症状
〇光過敏・・・・・・・瞳孔の調節に問題が起こり、瞳孔が開いた状態になる
〇かすみ目
これらの症状は、三叉神経痛には認められません。

 目以外に現れる症状

〇肩こり・首こり・・・・力を入れて見ようとするために、長時間にわたり首や肩に力が入ることで発症
〇頭痛や目の奥の痛み・・肩こりが悪化することで頭部への血流量が低下することで発症
〇側頭部のこわばり・・・目に力を入れることで顔面の筋肉が緊張状態になり発症

 自律神経症状

〇ドライアイ・・・顔面神経(副交感神経)機能低下により涙腺からの涙液分泌量低下
         頸部交感神経機能更新による涙液量低下
〇吐き気・・・・・迷走神経機能の過剰興奮による吐き気
〇睡眠障害・・・・交感神経機能の亢進による不眠や睡眠レベルの低下
〇食欲不振

 精神症状

〇イライラする・・・交感神経機能の過剰興奮による
〇抑うつ状態・・・・交感神経機能の低下による

 眼精疲労について詳しくは眼精疲労専門ページをご覧ください。

information

鍼灸院ロゴ 大阪府大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、国家資格所持者による三叉神経痛の治療を行っております。
 当院はUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得、さらに日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFからの顕彰を受賞した治療院です。

 当院では、厚生労働省認可の鍼灸治療院で、はり師、灸師の国家資格所持者のみによる三叉神経痛の治療を行っています。そのため、安全な治療を提供することができます。

 当院で行っている三叉神経痛の治療法は、鍼灸治療・カイロプラクティック療法です。

 当院では、全て日本製の使い捨てのハリを使用しています。使用するハリの太さは、0.2ミリ前後という髪の毛ぐらいの太さです。その為、痛みはほとんどありません。

受付時間
10:00〜21:30 /

完全予約制
休診日:水曜日・祝日
土・日曜診療:8:30〜19:00

【三叉神経痛治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県

line〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も三叉神経痛の治療を行っております。

trigeminal nerve pain三叉神経痛

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も三叉神経痛の鍼灸治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

line

鍼灸院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。